社長メッセージ

 当社は、昭和42年2月、くみあい飼料工場へのプレミックス供給を目的として、我が国で初めてのプレミックス専門メーカーとして誕生しました。

 その後、国内の畜水産の発展とともに、動物用医薬品、豚用人工乳・牛用代用乳、養魚用飼料、動物用ワクチンの製造・販売へと順次、業容の拡大をすすめ、今日、JAグループの飼料・動物薬事業の一翼を担う会社へと成長しました。

 平成29年2月には、創業50周年を迎えました。今後、創業100年企業を目指し、現状に甘んじることなく、常にChange(変革)、Create(創造)、Challenge(挑戦)の精神を持って、業務に邁進してまいります。

 近年、国内の畜産経営は配合飼料価格の高騰や経済のグローバル化の進展等により、年々厳しさを増しています。さらにCSF(豚熱)や鳥インフルエンザなど重要家畜疾病の発生により、家畜防疫体制についてより一層の強化が必要な状況となっています。

 このような中、当社は経営理念として、「強いものづくりの実現とお客様への安全・安心の提供を通して、我が国の畜水産の発展と環境保全に貢献します」を掲げ、「畜水産経営に資する製品の提供」と「お客様ニーズへの迅速な対応」に注力し、生産者の皆様の経営に貢献できる製品やサービスの提供に努める所存でございます。

 今後も経営理念の実践につとめ、皆様から信頼される会社をめざしますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
北谷 憲二郎