先輩社員の声

  • HN2.jpg

    H.N

    経営管理部 総務課

  • KN小.jpg

    K.N

    動薬部 関東事業所

    獣医師

  • 写真thumbnail.bmpのサムネイル画像

    S.T

    高崎工場 特薬課

  • 写真(大島)thumbnail.jpg

    T.O

    大田原工場 製造一課

H.N経営管理部 総務課

2014年
入社(新卒)
2014年
経営管理部 総務課 配属
2019年現在
人事労務担当
HN.jpg

入社の動機

私は文系の学部出身ですが、会社説明会で理系でも文系でも活躍できる場があると聞き、入社したいと思いました。また、福利厚生が充実していて気持ちよく働けそうなところも魅力に感じました。

私の取り組み

総務課で人事労務を担当しています。現在は主に給与計算、社会保険手続き、入社・退職手続き等を行っています。法律や会社の規則に基づいて行う複雑な処理が多いですが、社員の生活に関わるため正確さが求められます。また、総務課の仕事は株主総会の運営、人事・労務、法務、オフィスや備品の管理、社内行事企画、社内報作成、電話対応、郵便物対応など多岐にわたります。それぞれに担当はありますが、課員で助け合いながら様々な業務に取り組んでいます。

仕事のやりがい

社員から年金等の相談をもらうことがあります。いろいろと調べ、有意義な情報を提供できた時に少しは役に立てたかなと思い、仕事のやりがいを感じます。そんな時「ありがとう」と言ってもらうことが多いですが、「こちらこそ相談してくれてありがとうございます」という気持ちになります。また、仕事をとおして社会保険の仕組みや税制度等の知識を身につけられるので、この仕事を経験できて良かったと思っています。

応募される方へ

安心できる環境で長く勤めたい人に向いている会社です。また、食べることが好きな人にもぴったりの会社だと思います。社内行事での食事や全国各地のお土産等、美味しい食をいただける機会が多いです。私も食べることが大好きですが、当社に入社後、食への関心が高い人が多い環境で美味しい食べ物にたくさん出会え、食の世界が豊かになりました。当社で日本の畜水産の発展に貢献しながら、自分の食生活も充実させませんか?

K.N 獣医師動薬部 関東事業所

2010年
入社(新卒)
2010年
開発センター ワクチン開発課 配属
2012年
高崎工場 品質管理課 勤務
2014年     動薬部 販売企画課 勤務
2015年~現在  動薬部 関東事業所 地域密着型 獣医師(養豚、和牛・酪農牛担当)
KN大.jpg

入社の動機

動物病院勤務を希望する学生が多い中、それ以外の勤務地を探そうと大学の進路指導室に行きました。 そこで科学飼料研究所に入社した先輩のアンケートがあり、興味を持ちました。 入社試験や何度か面接を受ける際に来社した時の会社の雰囲気が好きでした。 何社か合格した中で、日本大学の先輩が多い会社なのと全農グループという安心感が入社を決めた動機です。

私の取り組み

基本、養豚の獣医師として活動しています。 農場の衛生指導や農場の疾病状況の確認(採血や糞便検査・解剖他)から動物薬処方、納品まで行います。 全農関係者向けや農場の方向けのセミナー講師も行います。 最近は、担当の養豚農家様から豚肉を一部、子供食堂に渡したいという希望があったため子供食堂関係機関の方との橋渡し役もしております。やっている仕事は、多岐にわたります。 全農グループ関係機関や農場の方との親睦会も多く、帰宅時間は遅くなることが多いです。 営業は、お客様と仲良くなることも重要です。疾病や不受胎など検査ではわからなかった原因がお客様の話からわかったりもします。

仕事のやりがい

家畜の疾病が治った。疾病の流行が収まった。君が来てから農場の状況が良くなって、儲かるようになったと言われると大変嬉しいです。 野菜などをいただける機会も多く、ありがたい仕事です。

応募される方へ

まず、自分はどういう生活スタイル(人生)を送りたいかを考えるといいかもしれません。 自分の場合は、動物病院に勤務すればいずれ自分の病院が欲しくなる。経営管理や診察などで多忙を極めそう...。 でも、結婚もしたい。家事もちゃんとしたい。という中で...安定して働けて、営業職として農場の臨床獣医師として診療行為ができる弊社での働き方は理想でした。 是非、科学飼料研究所に入社して下さい。

S.T高崎工場 特薬課

2016年
入社(新卒)
2016年
高崎工場 特薬課 配属
2019年現在
製造工程担当副責任者
写真.bmp

入社の動機

私はこの会社に入社を決めた時点でもう1社第1志望群の別の会社から内定を頂いていました。では最終的に入社を決めたきっかけは何か。それはフィーリングです。肩透かしかもしれませんが、これは会社選びの重要な要素だと思います。私は面接を担当して下さった先輩方が面接前に気さくに話しかけてきてくれたり、先輩方同士で談笑したりするところを見て、雰囲気が良くて働きやすそうな会社だなぁという印象を抱いていました。就職活動における会社の顔である採用担当者が仏頂面だったり、社員同士の仲がギスギスしたりしていそうな会社はイヤですよね?皆さんも『あ、なんかこの会社自分に合ってるかも』というフィーリングを大切にしてみて下さい。

私の取り組み

突然ですが、昨日の晩ごはんは何を食べましたか?実は皆さんが普段食べている料理に使われる肉や魚などに私たちの会社の製品が深く関わっているかもしれません。牛や豚、養殖魚などの畜産動物は飼育過程で私たち人間と同様に病気に罹ることがあります。そうした場合に投与する医薬品やビタミン剤などの飼料添加物を、私の所属部署では主に製造しています。決められた配合比率表通りに原料を混ぜ合わせ、必要に応じて加温などの処理を加えて出来上がった製品を包装・梱包して出荷する。その製造工程は料理に通じるところがありますね。私たちの会社の製品が畜産動物の健康を支え、そうして生産された肉や魚などが私たちの食生活を支えています。

仕事のやりがい

エピソードではありませんが、福利厚生が非常に充実している点を魅力に感じています。まずは手厚い家賃補助です。月々のコンスタントな支出のうち大部分を占める家賃ですが、私たちの会社では『え?これだけ?』となることウケあいです。大学の友人と話をしていてもこの話題になると必ず驚かれます(笑)続いて自己研修支援制度です。これは社員が自発的にスキルアップを目的に教育講座などを受講する際に、その費用の一部を会社が支給する制度です。事前に申請が必要ですが、社員のスキルアップ意欲や向上心には積極的に応えてくれる社風があります。まだまだありますが、もし興味を持たれた方は是非1度会社説明会にお越し下さい!

応募される方へ

『選考に落ちても必要以上に落ち込まないこと』です。自分では上手くアピールできたと思っていたのに...ということがあると思います。それは偶々その会社があなたに合っていなかっただけのことです。合わない会社に入社しなくてよかった程度の認識で仕切り直しましょう。

T.O大田原工場 製造一課

2016年
入社(新卒)
2016年
大田原工場 製造二課 配属
2018年
大田原工場 製造一課 異動
2019年現在
鶏不活化ワクチン製造担当
T.O.jpg

入社の動機

私は大学で動物に関係する分野を学んでいましたので、動物に関係する仕事に就きたいと考え、この会社を選びました。長年の実績とチャレンジ精神に惹かれて入社しましたが、事実現在では製造業以外にも多くのことにチャレンジさせてもらっています。製造業に関する資格の取得やワクチンに関するセミナーなどに積極的に参加させてもらっています。私は、色々なチャレンジをさせてくれるこの会社が好きです。

私の取り組み

私は大田原工場にて鶏不活化ワクチン製造を行っております。鶏ワクチンの製造は卵や液体培地を使用して微生物を培養して行っており、繊細な操作と雑菌混入の防止が徹底されています。また、生物を相手にするため柔軟な対応力も求められます。しかしその分製品が出来上がった時の嬉しさも大きく、自分の作業が問題なく行われていることの証明であると感じることができます。ワクチン製造は一回一回の製造で成長を感じることができる仕事です。

仕事のやりがい

ワクチン製造は一人ではできず、他の人達とうまく連携して行います。それだけに製品が出来上がった時の喜びを全員で分かちあうことができます。かつて納得のいく製品が作れなかったときに同僚や上司と一緒に試行錯誤して何とか製品を作り上げた時は、大きな達成感と連帯感を感じることができ、とても嬉しかったことを覚えています。仲間それぞれの連帯意識が強く、同じ目標に向かって進むことができる会社であると思います。

応募される方へ

就活は面倒だったり煩わしく感じるかもしれませんが、自分の将来を決める大事なイベントですので、安易に妥協したりせず後悔のないよう頑張って下さい。