ウジロックSG
メニュー
ウジロック表紙
特長・効果・安全性
使用上の注意、ほか

スミラブ(ピリプロキシフェン)0.5%
畜・鶏舎内及び周辺のハエ幼虫(ウジ)の駆除
畜・鶏舎内及び周辺のハエの発生場所に対して使用する。
ハエ幼虫(ウジ)
1.直接散布・・・・・・・・1m2につき20gを発生場所にそのまま均一に散布する。
2.希釈液散布・・・・・・1m2につき50倍希釈液1Lを幼虫の発生場所に散布する。
  堆肥の場合は、よく内部までしみ込むように、100倍に希釈して散布量を2倍とする。
 
  【一般的注意】

  (1) 使用前に必ず本剤の容器のラベルを読み、内容を十分に理解した上で使用すること。
  (2) 定められた用法・用量を厳守すること。
  (3) 希釈液および原粒の畜・鶏体への直接散布はしないこと。

  【使用者に対する注意】

  (1) 病人、本剤に対する過敏症の人、妊婦、乳幼児等は、薬剤の影響の無い場所に移ってもらうこと。薬や化粧品等によって、アレルギー症状やかぶれ等を起こしやすい体質の人は、薬剤の散布や処理作業には従事しないこと。
  (2) 万一、誤って薬剤を飲み込んだ場合や、薬剤の使用により、頭痛、目や喉の痛み、咳、めまい、吐気が認められた場合や気分が悪くなった場合等には、使用を中止し、空気の清浄な場所で安静にして、直ちに医師の診察を受けること。医師の診察を受ける際には、ジフェニルエーテル系薬剤を含む殺虫剤を使用した旨、成分名(ピリプロキシフェン)、症状、被爆の状況等についてできるだけ詳細に医師に告げること。
  (3) )散布にあたっては、防護具(長袖の作業衣、作業帽、保護メガネ、保護マスク、ゴム手袋など)および使用する機械器具類は、あらかじめよく点検整備しておくこと。使用に際しては、防護具を必ず着用し、できるだけ身体の露出部を少なくして薬剤を浴びないようにするとともに、吸い込まないように注意すること。なお、屋内での使用の際には必ず換気を行うこと。
  (4) 薬剤の準備や散布中は、喫煙、飲食をしないこと。使用中又は使用後にトイレに行くときは、手や顔をよく洗うこと。
  (5) 使用後は必ず手や指を石けん等で洗うとともに、水で十分うがいをすること。また、薬剤が皮膚についたときは直ちに石けん等でよく洗うこと。
万一、薬剤が目、口などに入った場合には、直ちに水でよく洗い流すこと。作業中に大量の薬剤を浴びた場合には、直ちに汚染された衣類を脱ぎ、シャワーを浴びるなどして大量の水で体に付着した薬剤を洗い落とし、清潔な衣類に着替えること。
  (6) アレルギー体質等で刺激を感じた場合には、直ちに使用を中止すること。

  【取扱い上の注意】

  (1) 希釈液は用時調整し、使用すること。
  (2) 散布に当たっては、かけむらのないよう散布すること。ただし、環境を汚染しないように乱用を避け、畜舎周辺の水田への使用は行わないこと。
  (3) 小分けするときは食品用の容器等、誤用のおそれのあるものを使用しないこと。
  (4) 家畜・家禽の飼料、飼料箱、飲水、飲水器、搾乳機械、卵等はあらかじめ他へ移すかあるいは格納するなどの措置を施し、薬剤がかからないようにすること。採卵後又は給餌前に散布すること。
  (5) 平飼育の鶏及び豚の足元に糞が散乱した状況では使用しないこと。
  (6) 養殖池、井戸、地下水などを汚染するおそれのある場所、蜜蜂、蚕(桑)、水棲生物等に被害を及ぼすおそれのある場所では使用しないこと。
  (7) 畜・鶏舎内の衛生害虫の駆除に用いるときは薬剤が畜・鶏体に直接かからないようにすること。
  (8) 使用に際しては必要量だけを取り出し、その都度使い切ること。
  (9) 本剤と他の薬剤を混合したり、加熱したりしないこと。

  【保管上の注意】

  (1) 食品、食器、飼料等と区別し、小児の手の届かない乾燥した冷暗所に保管すること。
  (2) 使用後に残った時、薬剤はラベル表示のある元の容器に密閉し、必ず保管場所に戻すこと。

  【その他の注意】

  (1) 作業時の衣類は他の衣類と区別して洗濯し、防護具も洗剤を使ってよく洗うこと。
  (2) 希釈に用いた機械器具類等は、石けん水等でよく洗うなど十分な手入れを行い、小児等が触れないようにすること。
  (3) 使用済みの空容器等は他に転用せず、自治体の条例や指導に従って適切に処分すること。決して河川、湖沼、下水道等の水系や地下水を汚染するおそれのある場所には捨てないこと。
  (4) 使用中に大量の薬剤の漏洩など周辺に被害を及ぼす可能性のある事故が発生したときは、直ちに警察または保健所に通報すること。
  (5) 使用に際しての不明な点や事故等があった場合は、発売元へ連絡すること。

1kg・5kg

製造販売元 : 住化エンビロサイエンス株式会社
発  売  元 : 株式会社 科学飼料研究所

お問合せは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  □札幌事業所   TEL.011−214−3656 / FAX.011−214−3658
  □東北事業所   TEL.019−692−1371 / FAX.019−692−5132
  □関東事業所   TEL.027−346−9091 / FAX.027−347−4577
  □南九州事業所 TEL.0994−82−3044 / FAX.0994−82−1666


会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について