哺乳期子牛用混合飼料
哺乳期ステップアップバスダ (包装:1kg袋×10個)
メニュー
代用乳期、哺乳期のストレス対策に!
健康な初期増体促進に!
離乳期飼料餌付け時、飼料切替ストレス時、
給与計画達成のためや肥育期食い止まりには
「育成・肥育用ステップアップバスダ」
を併用すれば更にスムーズな発育。
食べたら元気!
哺乳期ステップアップバスダの特徴
抗酸化
健康食品として注目されている天然の生体内抗酸化物質含有原料「ダッタンそば」「サトウキビ抽出液」を最適なバランスで使用しました。
有用菌
各種有害微生物の増殖を大きく抑制し整胃腸的な働きが認められる枯草菌と麹菌培養物を最適のバランスで配合しました。

【含有する飼料添加物の名称】
枯草菌

【原材料名】
ブドウ糖、そば粉、無水ケイ酸、うるち玄米、麹菌、脱糖さとうきび抽出液、トレハロース
(そば粉はダッタンそばの加工品を利用、麹菌が醤油由来で国内産米を利用した培養物混合品を使用)


子牛への給与による増体の変化
和牛雄子牛(生時体重:34kg)5日齢に離乳後の
代用乳へ60日間給与時の期間増体重の比較
給与期間増体重(kg)  各種便状況別発生率(%)
給与期間増体重図 各種便状況別発生率図
和牛子牛の早期離乳用代用乳に添加給与した場合、無給与区に比べ、増体が良く健康に推移した。 代用乳への添加給与により、全体的に下痢を抑える傾向が見られたが、下痢時には的確な治療を実施することで更にスムーズに増体します。
   
和離乳後から28日間飼料添加給与した時の増体比
和離乳後から28日間飼料添加給与した時の増体比図
(1) スターター飼料へ本品を添加給与するとスムーズな食い込みが見られ多くの区で無給与区より多くの増体が見られた。
(2) スターター飼料にトップドレス(給与区3)で給与するより良く混合した方(給与区1・2区)が体重にバラツキが少なかった。

給与例・給与量の目安
哺乳期には代用乳・水・経口補液に溶解する等して、20〜40g/頭/日を1日1回〜数回給与。
飼料添加時は、飼料乾物重量に対して0.1〜0.4%を添加給与。

使用上の注意
1.開封後は、なるべく早く使ってください。
2.日陰で風通しのよい乾燥した場所に保管し、開封後はしゃ光した密閉容器に保存して下さい。
3.対象家畜及び使用量は必ず守って下さい。
4.本品にはそばが含まれていますので、アレルギー体質の方は、取り扱いにご注意下さい。

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について