メニュー
飼料摂取量を維持するために!
ビタミン入り混合飼料

ミネビタさじかげん



耳寄りな情報 〜 肥育農場の皆さんへ
ビタミンA対策はこれでOK!
肥育経営の大型化へ対応したビタミン・ミネラルを含んだ混合飼料「ミネビタさじかげん」を皆様のもとへお届けします 肥育成績と血中ビタミンA値の推移
Aタイプ 増体は良いが、肉質が悪い。
Bタイプ 増体・肉質がばらつく。ビタミンA欠乏症が多発する。
Cタイプ 時々、肉質が良いが増体が悪い。ビタミンA欠乏による食い止まりが見られる。
Dタイプ 増体・肉質ともに良い。優良事例。

ミネビタさじかんげんの成分
 ビタミンA:42,000単位/100g (42万単位/kg)
 ビタミン、ビタミンE、ミネラル類(カルシウム、マグネシウムなど)

容 量:10s紙袋

給与事例 (詳しくは,指導員にお尋ねください)
 @投与方法
  ア.ミネビタさじかげんを飼料に十分混合して給与して下さい。
  イ.1牛房あたりの飼養頭数が多く,飼料摂取量にバラツキが想定される場合には
     2〜3回に分けて与えてください
 A.給与量(黒毛和種去勢牛1頭に対する目安)
  生後21ヶ月齢以前 飼料摂取量低下の予防
                 50g×1〜2回/月(飼料摂取量が回復したら投与中止)
   生後22ヶ月齢以降 ビタミンA欠乏症、飼料摂取量低下の改善
                 50g×2〜4回/月(継続的に)
 B.ビタミンA欠乏症状がひどい場合は、獣医師に相談して下さい。

 


JA・くみあい配合飼料  製造:科学飼料研究所
会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について