養魚飼料   


トップ稚仔魚用配合飼料「リッチ」の特長飼餌料給与体系(例)リッチシリーズ


  稚仔魚用配合飼料「リッチ」の特長


「リッチ」には、養魚家の皆様が、
リッチな餌でリッチな魚を
育てていただくことの願いを込めております


 
 

1 生物餌料からの切り替えがスムーズに出来るよう、高いし好性を実現しました。 
  し好性・成長性のよいオキアミミール、イカミールを多用 しました。

2 最適な分散性、親水性、沈降性を実現しました。
  熟練した専門技術者が、最適な分散性、親水性、沈降性を狙って念入りに仕上げました。 このため、摂餌性がよく、斉一性、歩留まりの向上が見込めます。

3 魚の健康維持に役立つ原料を使用しています。
  PG(ペプチドグリカン=当社の特許)、甘草粉末、 ビタミンC、ビタミンEが充分に含まれております。

4 消化吸収に優れ、元気に育ちます。
  原料を超微粉末にしているため、消化吸収がよくなります。 


 ページの先頭へ


  飼餌料給与体系(例)


ヒラメ種苗生産飼餌料給与体系(例)

 

タイ種苗生産飼餌料給与体系(例)

 

粒度・一般成分

 


  リッチシリーズ ( )はサイズ:mm

リッチA(0.15〜0.3)
リッチB(0.3〜0.5)
リッチC(0.5〜1.0)
リッチD(1.0〜1.4)
リッチA(0.15〜0.24)
リッチB(0.24〜0.42)
リッチC(0.42〜0.62)
リッチD(0.62〜0.9)


流動層造粒装置(フローコーター)
流動層造粒装置
(フローコーター)

リッチのご用命、お問い合わせは
(株)科学飼料研究所    高崎工場養魚飼料部まで
TEL 027−346−9080  
FAX 027−347−2482
URL:http://www.kashiken.co.jp/


メニューへもどる ページの先頭へ


会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について