肉牛の起立不能事故予防に
くみあい起き上がりこぼし20s
メニュー
従来、ビタミンB群は成牛には給与の必要がないと言われてきましたが、食い込み量の増大や急激なストレス等に伴い、第一胃内のB群生産量が追いつかなくなり、欠乏症から起立不能による事故が出やすくなってきています。
 そこで、欠乏しやすい肥育牛へのB群をバランス良く配合し更に必要となる微量ミネラル・ビタミンEも補強した混合飼料「くみあい起き上がりこぼし」を発売しました。
牛イラスト

【有効成分】
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ニコチン酸、塩化コリン、葉酸、ビタミンE、炭酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、貝化石末、炭酸カルシウム、米ぬか油かす


ビタミンB群の役割
エネルギーを効率よく利用する為の補酵素として
ストレス緩和
枝肉色の悪化防止
ビタミンB群が欠乏すると…
 ・ 大脳皮質壊死症
 ・ 脚気症
起立不能による斃死事故!
くみあい起き上がりこぼしの特徴
1.
ビタミンB群欠乏による、大脳皮質壊死症・脚気症からくる起立不能による斃死事故を抑えます。
2.
B群を添加する事で、エネルギーの有効活用・ストレス緩和・枝肉色の悪化防止に繋がります。
3.
塩化コリンを配合し、ビタミンAコントロール時に負担のかかる肝臓機能の低下を抑えます。
4.
ビタミンEを配合し、抗酸化作用によるストレス緩和に役立ちます。また脂肪の酸化を遅らせることで牛肉のおいしさを持続させる効果が期待できます。
3.
炭酸亜鉛・ヨウ素酸カルシウムを配合し、欠乏による成長の抑制、停止を抑えます。特に亜鉛はビタミンAの代謝に関与し、粘膜機能を改善する等の効果が認められています。
4.
不足しやすいカルシウム・微量ミネラルを配合しています。

給与例・給与量の目安
  おおむね500kgを超える肥育牛に0.1〜0.5%/日
  ※育成期のビタミンB群欠乏にも最適!

使用上の注意
高温、多湿、直射日光をさけ、開封後の残量については、密閉して保存してください。

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について