ニューカッスル病・IB・コリーザAC型混合不活化オイルアジュバンドワクチン
ND・IB・コリーザAC型オイル「NP」
メニュー
トップND・IB・コリーザAC型オイル「NP」の主な概要NBCACオイル「NP」の特徴
免疫効果および持続試験安全性試験NBCACオイル「NP」の概要鶏用ワクチン
ニューカッスル病、IBおよびコリーザAC型の予防に
 鶏用ワクチン
 

商 品 名 包 装 効 能・効 果 用 法・用 量 貯法 有効
期間

ND・lB・コリーザ
AC型オイル「NP」
(NBCACオイル)
500mL
(1,000羽分)
プラスチック
容器入り
ニューカッスル病(ND)、鶏伝染性気管支炎(IB)およびヘモフィルス・パラガリナルムA型菌およびC型菌による鶏伝染性コリーザ(IC)の予防 8週齢以上の鶏の頸部中央部背側の皮下に1羽あたり0.5mLを注射してください。 遮光して
2〜10℃に保存
凍結させないで
ください。
3

劇薬
要指示医薬品
NBオイル「NP」
(NBOIL)
500mL
(1,000羽分)
プラスチック
容器入り
ニューカッスル病(ND)および鶏伝染性気管支炎(IB)の予防 30日齢以上の鶏1羽当たり0.5mLを脚部筋肉内に注射してください。 遮光して
2〜10℃に保存
凍結させないで
ください。
3

劇薬
要指示医薬品
ND・IB・コリーザ
AC型ワクチン
「NP」
(NBCACアルミ)
500mL
(1,000羽分)
プラスチック
容器入り
ニューカッスル病(ND)、鶏伝染性気管支炎(IB)、ヘモフィルス・パラガリナルムA型菌およびC型菌による鶏伝染性コリーザ(IC)の予防 30日齢以上の鶏1羽当たり0.5mLを筋肉内に注射してください。 遮光して
2〜10℃に保存
凍結させないで
ください。
2

劇薬
要指示医薬品
コリ一ザAC型
ワクチン「NP」
(IC‐AC)
500mL
(1,000羽分)
プラスチック
容器入り
ヘモフィルス・パラガリナルムA型菌およびC型菌による鶏伝染性コリーザ(IC)の予防 30日齢以上の鶏に1羽あたり0.5mLを筋肉内に注射してください。
注射の回数は2回とし、その間隔は1ないし2か月としてください。
遮光して
2〜10℃に保存
凍結させないで
ください。
2

劇薬
要指示医薬品
ニューカッスル病
生ウイルス予防液
(NDL)
3,000羽分
×10本
5,000羽分
×10本
ニューカッスル病(ND)の予防 飲水投与:
ワクチンを飲水に混合し、1羽当り1羽分になるように飲ませてください。
噴霧投与:
日局生理食塩液または日局精製水で溶解し、1羽当り1羽分を噴霧してください。ただし、噴霧投与は4週齢以後に実施してください。
2〜5℃に保存 3

劇薬
要指示医薬品
ND・lB生ワクチン
「NP」
(NBL)
1,000羽分
×10本
3,000羽分
×10本
ニューカッスル病(ND)および鶏伝染性気管支炎(IB)の予防 飲水投与:
ワクチンを飲水に混合し、1羽当り1羽分になるように飲ませてください。
噴霧投与:
日局生理食塩液または日局精製水で溶解し、1羽当り1羽分を噴霧してください。ただし、噴霧投与は4週齢以後に実施してください。
2〜5℃に保存 1

6


劇薬
要指示医薬品
IB生ワクチン
「NP」
(IBL)
1,000羽分
×10本
鶏伝染性気管支炎(IB)の予防 飲水投与:
ワクチンを飲水に混合し、1羽当り1羽分になるように飲ませてください。
噴霧投与:
日局生理食塩液または日局精製水で溶解し、1羽当り1羽分を噴霧してください。ただし、噴霧投与は5日齢以後に実施してください。
2〜5℃に保存 1

6


劇薬
要指示医薬品


会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について