ニューカッスル病および鶏伝染性気管支炎予防
ニューカッスル病・IB混合不活化オイルアジュバンドワクチン
NBオイル「NP」
メニュー
 

トップ特徴免疫効果・持続試験安全性試験臨床試験物性製品概要

はじめに
NBオイル「NP」は、ニューカッスル病および鶏伝染性気管支炎を
同時に予防するための混合不活化オイルアジュバントワクチンです。

特徴
1. NDウイルスは石井株を、IBウイルスはボーデット42株を使用し、NDおよびIBに対する免疫を同時に与えます。 鶏
2. アルミニウムゲルワクチンに比べ高い抗体価が得られ、免疫は長期間(実験室内試験で67週間)持続します。
3. 抗原(水層)とアジュバント(オイル層)を界面活性剤により微細な状態に乳化しているため、安定な製剤です。
4. アジュバントの流動パラフィンは食添のものを、乳化剤は日局のものを使用しています。
5. 製剤は低粘性で、また、1羽当たりの注射量を0.5mLに調製していますので、作業が容易です。
6. 容器はプラスチック製です。空容器は焼却も可能で、処理が簡単です。また、包装はコンパクトで、少ないスペースで輸送・保管できます。

免疫効果および持続試験
NBオイル「NP」の注射による抗体は長期間持続しました。
グラフ・ND-HI抗体価の持続
グラフ・IB中和抗体価の持続
供試鶏:SPF鶏群由来の12週齢の鶏(各群8〜10羽)
ND-HI抗体価:各群の抗体価の幾何平均(GM)値を表示
IB中和抗体価:各群の血清をプールし、発育鶏卵でのウイルス(ボーデット42株)希釈法による中和指数を表示
:基礎免疫(+)群(8週齢にND・IB抗原を含む混合不活化アルミニウムゲルワクチンで基礎免疫を付与)
:基礎免疫(-)群(供試時までワクチン未接種)
:NBオイル「NP」0.5mL/羽を脚部筋肉内に注射

   (シオノギ・油日ラボラトリーズ、NBオイル「NP」の免疫持続期間、1993)


会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について