鯉 メニュー

養魚飼料 
こい
トップ
鯉飼料体系
鯉用飼料の種類と成分一覧表
鯉の給餌率表
「鯉用配合飼料」の特長
飼料の保存法


  鯉の給餌率表(%)


魚体重(g) 10〜50 50〜100 100〜200 200〜300 300〜700 700〜800 800〜
  くみあい
飼料
水温  
  2P
クランブル
    3号
 
  3P
2P  
  4.5P
3P  
  4.5P 
  6P
4.5P  
  6P    7P 
12 1.8 1.6 1.4 1.3 1.0 0.9 0.6
14 2.4 2.2 1.7 1.5 1.2 1.0 0.7
16 2.8 2.6 2.0 1.7 1.4 1.1 0.8
18 3.2 3.0 2.3 1.9 1.7 1.3 1.0
20 3.6 3.4 2.7 2.2 1.9 1.5 1.1
22 4.0 3.9 3.1 2.5 2.2 1.7 1.3
24 4.6 4.5 3.5 2.9 2.5 2.0 1.5
26 5.3 5.2 4.1 3.3 2.9 2.3 1.7
28 6.0 5.9 4.7 3.8 3.3 2.6 1.9
30 6.9 6.8 5.4 4.4 3.8 3.0 2.2
1日の給餌量=魚体重×給餌率(%)
注)給餌量は環境条件、魚の健康状態等に大きく影響されますので摂餌状態をよく観察しながら適宜加減して下さい。
養中用

  「鯉用配合飼料」の特長

 成長が早く健康な魚に育てます。
鯉用配合飼料は、良質な原料のほかに各種ビタミン、ミネラルを最新の研究成果をもとに合理的に配合してありますので優れた性能を有します。
 各種飼育方式に対応ができます。
鯉用配合飼料は、円滑に飼料切替ができるよう銘柄を整備するとともに、各飼料方式に対応できるよう多数の銘柄をそろえております。
 健全経営が営めます。
鯉用配合飼料は、飼育者の立場にたって配合設計され製造してありますので、安心して飼育できます。

飼料の保存法
くみあい鯉用配合飼料は、良質な原料を組合わせた飼料であり、各種ビタミン類を多量に添加してありますので、直射日光、湿気を避け、乾燥した冷暗所に保管して下さい。


株式会社 科学飼料研究所 養魚飼料部
会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について