殺菌消毒剤
動物用ヨーチン・SFL メニュー

成分及び分量
100mL中 ヨウ素・・・6g

効能又は効果
1.
皮膚表面の一般消毒
2.
創傷・潰瘍の殺菌・消毒

用法用量
本剤を5〜10倍に消毒用アルコールで希釈し、1日2〜3回、患部及び皮膚に適量塗布する。

包装
500mL
第4類・アルコール類・水溶性・危険等級II ・火気厳禁

使用上の注意
【一般的注意】
(1) 本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
(2) 本剤は定められた用法・用量を厳守すること。

【使用者に対する注意】
(1) 原液及び濃厚液が、皮膚、眼等にかからないように注意すること。
   万一皮膚に付着したり、眼に入った場合は直ちに水洗いすること。
(2) 原液及び希釈液を誤飲しないように注意すること。
   誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けること。
(3) アレルギー体質等で発赤、掻痒感等の過敏症状が現れた場合には、直ちに使用を中止すること。

【対象動物に対する注意】
1.副作用
(1)副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
2.適用上の注意
(1) 本剤は外用以外に使用しないこと。
(2) 本剤はマーキュロクロム液と混合した場合、沈殿を生じることがあるので混合しないこと。

【取扱い上の注意】
(1) 原液及び濃厚液が、飲食物、飼料、被服、幼小児のおもちゃ等にかからないように注意すること。
(2) 希釈をするときは、食品用の容器等、誤用の恐れのあるものを使用しないこと。
(3) 詰め替えを行うときは、同製品の容器又はポリエチレン製の容器を使用すること。
(4) 本剤は引火性があるので、火気に注意すること。
(5) 使用済みの容器は、地方公共団体条例等に従い処分すること。
(6) 本剤を廃棄する際は、環境や水系を汚染しないように注意し、地方公共団体条例等に従い処分すること。

【保管上の注意】
(1) 食品、食器、飼料等と区別し、小児の手の届かない暗所に保管すること。

【その他の注意】
(1) 手術部位の消毒に使用し、包帯をする場合は、通気性を十分考慮すること。

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について