鶏伝染性ファブリキウス嚢病生ワクチン(ひな用)

メニュー
BURSA-M生ワクチン「NP」 鶏


トップはじめに特徴高病原性IBDウイルスに対する効果免疫の持続性臨床試験概要

鶏伝染性
ファブリキウス嚢病
(IBD)の予防に

はじめに
 鶏伝染性ファブリキウス嚢病(IBD)は1962年にDr.Cosgroveにより初めて報告され、同年Dr.Winterfieldらによってウイルスが分離同定されました。国内でも1962年に発生が報告され、1990年頃からは死亡率の高いIBD(高病原性IBD)の流行もみられています。
 BURSA-M生ワクチン「NP」の主成分の弱毒IBDウイルス2512G-87株はメリアル社が1985年にDr.Winterfieldから分与された株に由来し、米国では1988年にBURSA-BLEN−Mとして承認されています。

特徴

弱毒IBDウイルス2512G-87株を1羽分当たり以上
含有しています。
高病原性IBDウイルスに対する有効性が確認されています。
免疫は16週間は持続することが確認されています。


ひよこ

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について