環境対策混合飼料  
「201」プラス
メニュー
 

豚用環境対策混合飼料として「201(におわん)」を現在好評発売中です。このたび農場全体の悪臭対策として畜・鶏舎や発酵槽に散布することで、速効性があり持続性にすぐれた、安全性の高い散布用「201」プラスを開発しました。

3大特長
鶏・豚・牛などの畜糞の悪臭(アンモニア、低級脂肪酸など)低減が期待できます。
畜糞の堆肥発酵促進に効果的に作用します。
純粋培養した微生物(放線菌、乳酸菌、酵母)と天然資材を効果的に組み合わせる
ことで悪臭を速効的に抑え、しかもその効果が長時間持続します。
放線菌 乳酸菌 酵 母
放線菌
乳酸菌 酵 母

使用方法
畜・鶏舎内への散布 ・・・ 2週間に1回程度、下記の量を床面等に散布します。
                :1頭当たり50〜100g
                鶏  :1万羽当たり20kgまたは1当たり50〜100g
堆肥舎、発酵槽への散布 ・・・ 投入糞量の0.1〜0.2%の割合で混合します。
鶏・豚用飼料に添加し給与することもできます。

原材料 放線菌(中温菌2種、高温菌1種)、乳酸菌、飼料用酵母、酵母発酵副産物、乾燥酵母細胞壁、フミン酸、酵素処理小麦、米ぬか
保 存 微生物資材なので冷暗所に保存し、開封後は早めにお使い下さい。
包 装 20kg


製造・販売・お問合せ先 : 株式会社科学飼料研究所

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について