弊社における鯉ヘルペスウィルス対策について  ◆衛生管理体制強化へのご協力について ◆鯉ヘルペス感染症対策について


平成15年11月4日
来場されるお客様へ
衛生管理体制強化へのご協力について (お願い)
(株)科学飼料研究所高崎工場
拝 啓
 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 日ごろ、弊社業務につきましては格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、新聞、テレビ等の報道でご承知のとおり、茨城県の霞ヶ浦地区でコイのヘルペスウイルス病が発生し大問題になっており、当疾病の伝染防止が緊急の課題になっております。
 そこで弊社におきましても、生産者の皆様に「安全」で「安心」な飼料をお届けできるよう下記のとおり衛生管理体制を強化しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
敬 具

1. 事務所入り口での消毒
(1) 記帳の際は、受付け前の「踏込み消毒マット」で靴底を消毒してください。
2. 車両の消毒
(1) 工場入り口の消毒装置で車両を消毒してから入場してください。
* センサー式ですので噴霧時間に合わせてゆっくり通過してください
(2) 日頃から洗車を心がけてください。車両が汚れていると十分な消毒効果が得られません。
3. 運転手控え室入り口での消毒
(1) 入り口の「踏込み消毒マット」で靴底を消毒してください。
(2) 備え付けのアルコール消毒噴霧器で手・指の消毒を行ってください。
4. 実施開始日
  平成15年11月4日から
5. その他
  養魚飼料製品出荷エリアについては、終業後に「ロンテクト」による路面の消毒を毎日実施します。
  以上


会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について