技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

(a)親魚飼料

 ニジマスの卵巣は図に示したように、7、8月から産卵期の始まる11月頃までの間に急激に大きくなって成熟するが、この期間における親魚に対する栄養管理が、採卵数、卵質、発眼率、ふ化稚魚の健康状態、及び採卵後の親魚の死亡率に影響を及ぼします。

ニジマスの卵巣の発達
(b)飼育環境
 親魚の成熟には、飼育水温が特に問題となります。ニジマスの成長は、水温が18〜19℃までならば高いほどよいとされます。親魚候補魚は成長よく育てる必要があるので、できるだけ高い水温で飼育した方がよいでしょう。しかし、産卵期が近づいた親魚を16〜17℃以上で飼育していると、卵巣は正常に成熟せず、採卵できないことが分かっています。ニジマスの人工採卵で発眼率80%以上の成績を得るためには、親魚の飼育の水温範囲は、上限が12〜13℃、下限が4〜5℃と推定されています。
飼育環境
(c)産卵期の制御
 光条件を人為的に変化させて、産卵期を制御することが行われています。ニジマスは、早期に採卵して餌付けから1年後の秋の行楽期までに出荷すること、厳冬期の採卵・ふ化作業を避けることなどを目的として、主に産卵期の早期化が行われています。方法は図のようにいろいろであります。
産卵期の制御

前のページ →技術情報メニュー

技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について