技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

飼 料

飼料購入量の推定

 年間に使用する飼料の購入量を大まかに求めるには、年間の予定生産量に増肉係数を乗じます。現在、市販配合飼料の増肉係数は1.4〜1.8の範囲にある場合が多く見受けられます。

飼料量
食用魚の出荷
 出荷魚の大きさは、国内向けの食用魚は100g前後ですが、釣り堀用及び冷凍輸出用は150〜450gです。
 出荷サイズに達した魚は池から選別して、取揚げ池か生簀に移し、給餌せずに1〜2日置いてから出荷します。活けじめした魚は活魚輸送に耐え、味がよくなり、消化官中の餌や糞がなくなるなど品質が高まります。
 釣掘りなどへは活魚として出荷されますが、それ以外は活けじめ後直ちに輸送箱に氷と一緒につめて輸送されます。
食用魚出荷

前のページ 次のページ →

技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について