技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

選 別
 稚魚池から選別後の大きさの揃った稚魚を養成池に収容しても、しばらく飼育していると、魚の大きさに大小ができてきます。同じ池の魚に大小が目立つようになったら選別を行って、大きさの揃ったものを同じ池で飼うようにします。

 選別器には種々のものが考案されていますが、いずれも魚の体幅を基準にしています。わが国では、箱の底面に相当するところに、塩化ビニルパイプや木製、鉄製の棒などを等間隔に平行に桟状に打ちつけたものや、適当な目合の金網を張ったものが主に使用されています。これらの間隔や目合の大きさにより選別される魚の大きさが異なります。
ニジマス選別器のふるい目合と選別魚の大きさ
 最近では各種の自動選別機が考案され、使用するところも多くなっています。またフィッシュポンプなどと連動して使用する例もかなり見られます。
選別器

前のページ 次のページ →

技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について