技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

技術情報 ・ にじます

適地の選定
 ニジマス養殖の適地選定には以下の点に注意して下さい。

.水源:

冷たくきれいな水が豊富にあることが第一で、湧水、河川水のどちらでも構いません。河川水の場合は年間の水量、水温の変化をよく調査し、湧水の場合には曝気して、酸素を十分に含ませるようにします。また、上流に水質汚濁の源となるような所がないか注意する必要があります。
.水温:
高水温の方が成長がよいので、食用魚の養成のためには、年間を通じて13〜20℃の範囲の期間が長い所が有利です。
.溶存酸素量:
池の排水口における溶存酸素量は、少なくとも3.5〜4ml/L以上ないと、成長率や飼料効率が低下します。
.水量:
流水量1個(毎秒27.8リットル)当たりの年間生産量は、平均で5〜7tの所が多いです。
.その他:
土地の勾配や地形・保水力などの土質、交通、販路さらに水利権などを調査します。


水温・溶在酸素量・水量・その他立地条件



次のページ →

技術情報メニュー  【にじます】 P01適地の選定P02施設P03池の配置種苗P04発眼卵のふ化
  P05稚魚の飼育P06食用魚の養成P07選別P08飼料
  P09飼料食用魚の出荷経営と流通P10親魚養成P11親魚養成

会社案内製品情報養魚技術情報採用情報お問合せ・ご意見等ISO取得更新情報リンク集TOP ページの先頭へ
株式会社 科学飼料研究所
Copyright(C)2002 Scientific Feed Laboratory co.,ltd. All rights reserved.
個人情報保護について